Where is heaven? Where is mother? Tiny lights appear…

More and more as Minori looks and listens

and dances just a little it in the light.

 

Fronds appear from the fresh earth

and surround Minori

as the lights swirl and whirl.

 

Sleep, little girl star.

Listen in your dreams.

 

Mother is calling.

Mother is watching.

Earth is whirling

as you sleep

without fear.

 

Mother’s breath is in the warm wind.

Her eyes watch you

from the birds that fly.

Her warmth beams

from the sun.

 

Wake and walk home.

You are not lost, little Minori.

Your star shines within!

See? I have made you tea and cakes in the forest.

I have music playing for your feet to dance.

Eat and dance.

 

There is a season for every little and big moment.

Ah! You have heard my call, little Minori.

Now the flowers dance for you, my precious child.

Come meet your mother and mine,

who will always surround and care for us.

Give her your heart, too.

I love you!

 

Lori Trembley, Wellesley, MA, USA

A little girl by the name of Alice was given a packet of seeds from a friend, and as a curious little girl, she wandered into a nearby field to spread them around. Before she had the chance to sow the seeds, a strong gust of wind came sweeping across the field and took them right out of her hand! Saddened by the loss of her seeds and the lost chance to plant them, Alice wandered to the edge of the forest and sat under a tree to think about how wonderful it would have been to watch them grow. Slowly, Alice drifted off to sleep on the warm summer afternoon. As she awoke from her nap, a warm breeze came from the opposite direction and guided her to where she had dropped the seeds. Looking down at the ground, Alice thought she must still be in a dream, as she could not believe her eyes! She squat down to further examine the little mound of earth that had risen from the flat spot in the field. As she began to brush the dirt away, she was amazed at what she saw! At first, just a single leaf was exposed, but very quickly a whole sapling had revealed itself, bursting from the ground with new life. Day after day, Alice returned to her little tree and watered it until it grew into a strong and tall tree, providing a place to think or to rest for anyone who needed it.

                                                                                                 Ethan Gross

私は星を手にしました。
星はたくさん増え続け、どんどんどんどん増え続け、
私はそれを風に任せて手離してしまいました。
私は森の中へ閉じこもりました。
そして長い眠りに落ちました。
外の風が止み、私は目を覚ましました。
星は無くなっていましたが、外が明るかったので、
私は外へ出てみました。
するとそこに一風変わった盛り土がありました。
それを触ってみると、盛り土の中から緑の葉をつけた枝が出て来ました。
私はその枝を大事にし、気がつくとその葉をつけた枝は大きな木になっていました。
それから私はずっとその木と一緒に過ごしました。

                        Miyako Uchiyama
                         Kyoto, Japan

起きたら外には雪が降っていた。何か特別な意味がありそうな、起こりそうな気がする。これから今日は何が始まるのだろう。少し不安も覚えるが。まだ雪は降り続いている。

風も出てきた。雪も多くなっている。

少し風も冷たくなっている。風のこないところで少し休みながら、でも雪の様子を見てみる。

少し弱くなってきた。少し

やんできた。

すっかりやんだ。でも私の心にはまだ雪が降っている。

とにかく歩きだしてみる。歩く。歩く。歩く

ふとなにか雪中のようなものが立っている。周りにはなにもないのに。

何か入っているのだろうか。雪をどけてみる。何か出てきた。

植物だ。花は咲いていない。何の変哲もない草のよう。でも立っている。雪にすっかり埋もれていたのに立っている。自分の足で。

木の上には小鳥がいる。雪宿りでもしていたのだろうか。

 

                            田村 勇人

                            Japan

A lonely little girl,  lost in a forest.  It was winter,  freezing cold.  Lonely she was,  finally managed to get a shelter.  Weather changed next day.  Started walking for indefinite.  Only the nature was with her.  She was happy,  original,  found her way to continue her journey.  She was on her own.  There was sunshine,  cool breeze,  green all over.  She was a lovely little girl.  Nature speaking to her,  taking care of her.  She will live the life of grace,  hope,  love,  joy.  Spread her love to others.

 

                                                   Baishali Mukherjee 

あなたがいない冬

雪が大好きだった、あなたがいない冬。

 

少し俯いた私に気づいたかのように

急に強くなる雪は、あなたなのかしら。

 

私の心に積もり積もった白い雪。

寒く凍える私を包み込んでいく白い雪。

 

あなたを思い出す冬が嫌い。

一人になる冬が嫌い。

あたり一面真っ白の冬が嫌い。

 

でも今年の冬は、少し違う。

平らな雪景色に、盛り上がったところをみつけた。

こんな冬なのに。

大きく伸び上がった1本の木の幹は、暖かくて

まるであなたみたいだった。

 

                              Yuka Sato

 漸く雪が降った。

 少女は思わずといった様子で外に出てみれば、昨年よりもずっと美しく見える雪が、天から優しく降りてくる。

 少女が待ちわびた雪はこれまでやってこなかった事が嘘のように降り注ぎ、次第にその、柔らかで細やかな雪は鋭く、叩きつけるように大勢やってきて、少女を攻撃し始めた。

 しかし、少女はあまりにも雪に焦がれていたものだから、その場から離れられないでいる。

 すると、とある季節にて少女と会話をして、少女が雪をずっと待っていたことを知っていた草は、冬の眠りから早々に目を覚まして少女をそっと包み、守ります。少女は感謝をして、静かに草に包まれながら、打ちつける雪を眺めていました。

  雪は次第に勢いを落として、何れ雪は降りてこなくなる。その予想に違わず、雪は今までが夢だったかのようにぱたりと止んでしまった。

 少女はそのことが寂しくてたまらない。空を見上げればそこに灰色の雲は無く、痛いくらいに青い空が広がっている。

 ゆっくりと歩きだせば、ツンと冷たい雪の香りが鼻を刺激する。辺り一面は銀世界。雪のように少女を害するものの居ない世界を、少女はただ歩く。

 暫く歩くと少女は隆起した雪の塊を見つける。悲しみの中にいた少女は、好奇心によって僅かに気を持ち直す。塊に触れるとそれはほろりと崩れた。雪を払いのければそこに在ったのはまだ幼い木だ。

 少女は今でも雪に焦がれ、待ち望んでいる。しかし、もう雪を一人で待ち惚け、一人で雪を眺めることは無い。幼かった木は少女の隣で静かに聳え立っている。

 

           Saki Hashizume, Hiroshima Japan

ふわふわの雪ふってきました。
一年が終わるなぁ。
気がついたら雪でいっぱいだ。
誰かに会えないかなぁ。
あ!雪が風にのって遊びに来てくれたよ。
寒くなって来た。でも木があるから大丈夫。
木と雪が寒さから守ってくれるよ。
ずっとこの中にいたいけど、それでいいのかなぁ。
雪がなくなっちゃう。守ってくれてた雪溶けてしまう、どうしよう。
あれ、雪はあるけど暖かい気がする。外もいいかもしれない。
私と一緒にいた雪だなぁ、踊りたくなるくらいずっといっしょにいたにに小さくなっちゃった。
新しい木ができてる。今度は私が守ってあげよう。
あの小さい木もこの木みたいに大きくなってほしいなぁ。

Other Stories